現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

エール

発達障害の子の苦手 少しずつ分かってきます

小学1年のとき運動会に参加した息子(左から2人目)。先生に協力していただき、玉入れだけ参加できました(国沢さん提供)
小学1年のとき運動会に参加した息子(左から2人目)。先生に協力していただき、玉入れだけ参加できました(国沢さん提供)

「きみは、できるかな、できるよ、できる~」と、大きな音で、保育園の園庭に歌が流れます。その歌に合わせて、子どもたちが楽しそうにお遊戯をしている中、息子は離れたところで、ひとりポツンと立っていました。かつての運動会の1シーンです。

21歳になった息子は保育園に通う3歳の時、自閉症の診断を受けました。保育園の運動会は20年近くも前のことなのに、この歌を耳にすると今でも、胸の奥がチクッと痛みます。

「わが子だけが、みんなと同じにできない」というシーンを見るのは、親として結構しんどいことです。「同じようにできない」だけでなく、大声を出して走り回ったりするので、他の保護者に対しても「あぁ、ごめんなさい。せっかくのハレの日に」と、謝ってばかり。「そんなに気にしなくていいのに」と言ってくれる人も多いけれど、気になっちゃうのは仕方ありません。先生から「手拍子ができるようになりましたね」「列に並べるようになって、進歩ですよ」と言われ、「はい、うれしいです」と答えてはみるものの、運動会や学芸会など大きな行事が終わるたび、ドッと疲れが出たものです。

私は東京都三鷹市で、発達障害児の親の相談にのる「ペアレント・メンター相談事業」を行っていますが、行事に関する相談は多いです。

ASD(自閉症スペクトラム障害)の子どもは、普段と違うことが苦手。行事の当日だけでなく、その練習期間も、時間割がいつもと違う。先生やお友達も、なんだかテンションが違う。そのせいで不安定になって、パニックを起こすことが増え、イライラして家族に当たってしまう。子どものストレスの波に巻き込まれて、親も疲れてしまうことが多いのです。

ランキング

  1. 日本医師会、新会長に松本吉郎氏

  2. 「昔にタイムスリップ」緑の「200系」出発 東北新幹線40周年式典

  3. 【びっくりサイエンス】免疫の細菌撃退に必要な「生活リズム」 京都大など解明

  4. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  5. 会見でパスワード桁数明かす、尼崎市の対応に批判も

  6. ロシアと韓国…「歴史は進歩する」のウソ 古田博司

  7. 沢村田之助さんが死去 歌舞伎脇役の人間国宝

  8. サクランボ一粒4万円! どよめきの初競り

  9. サル痘ウイルス遺伝子変異50カ所 感染力増大か

  10. 【話の肖像画】歌手・郷ひろみ(65)(21)「アッチッチ」の語感に惹かれ

会員限定記事