仙台市職員らの署名集め 北朝鮮の拉致被害家族会へ提出

北朝鮮による拉致問題解決に向けた仙台市職員らの署名を手渡した同市の郡和子市長(左)と家族会の増元照明・元事務局長(中央)ら=26日、同市役所(石崎慶一撮影)
北朝鮮による拉致問題解決に向けた仙台市職員らの署名を手渡した同市の郡和子市長(左)と家族会の増元照明・元事務局長(中央)ら=26日、同市役所(石崎慶一撮影)

北朝鮮による日本人拉致被害者救出に向け、仙台市が職員らに協力を求めた署名が3432人分集まり、郡和子市長が26日、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」(家族会)の増元照明・元事務局長(66)に手渡した。

拉致問題を風化させないようにと、市は昨年6月から1カ月間、各部署や市の外郭団体で賛同する職員らの署名を集めた。市では令和2年に3789人分、元年に3331人の署名を集め、家族会や「北朝鮮に拉致されたすべての人を救出する宮城の会」(救う会宮城)に提出している。

郡市長は「皆さまの思いが実を結ぶ日が早く来ることを願っている」と話し、増元氏は「仙台市として主体的に署名を集めていただき、非常にありがたい。署名を集めることで、まだ拉致(問題)は終わっていないと市民に知っていただく機会になる」と謝意を示した。

会員限定記事会員サービス詳細