通行男性殴り財布強奪 大阪府警、容疑の27歳会社員逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

通行中の男性会社員(49)の顔面を殴打して財布などを奪ったとして、大阪府警捜査1課と城東署は26日、強盗傷害容疑で、大阪市天王寺区味原町の会社員、苗代(なえしろ)陽兵容疑者(27)を逮捕した。容疑を認め、「通行トラブルとなり、けんかになった」と供述している。

逮捕容疑は、17日午前4時半ごろ、大阪市城東区中浜の路上で、男性の顔面を殴って転倒させ、顔や腰に軽傷を負わせた上、現金約2万2千円と長財布など8点(被害総額約17万円相当)を奪って逃走したとしている。

府警によると、苗代容疑者は当時自転車を走行中で、路上を歩いていた男性とすれ違った際に口論になったという。付近の防犯カメラ捜査から苗代容疑者が浮上した。

会員限定記事会員サービス詳細