「茂木氏は最も仕事ができる男」 首相、派閥パーティーで持ち上げ

自身の派閥の政治資金パーティーであいさつする自民党の茂木幹事長=26日午後、東京都内のホテル
自身の派閥の政治資金パーティーであいさつする自民党の茂木幹事長=26日午後、東京都内のホテル

岸田文雄首相(自民党総裁)は26日、東京都内のホテルで開かれた同党茂木派(平成研究会)の政治資金パーティーに出席し、領袖の茂木敏充幹事長を「永田町で最も仕事ができる男だ」と持ち上げた。

茂木派と首相率いる岸田派(宏池会)は吉田茂元首相の旧吉田派の流れをくみ、ともに「保守本流」を自任する「兄弟派閥」と称されてきた。

首相は「政局にめっぽう強い平成研と、政策は分かるが政局はからっきしだめだと揶揄(やゆ)された宏池会がともに補完し合って政治の安定を実現してきた」と冗談交じりのあいさつで会場を沸かせた。そのうえで、自らが「聞く力」を信条としていることを踏まえ「『最も仕事のできる男』と『最も人の話を聞く男』の補完関係で新しい時代に向け、政治の責任を果たしていきたい」などと呼びかけた。

会員限定記事会員サービス詳細