真田まつり3年ぶり開催 5月5日、武者行列も 和歌山

「紀州九度山真田まつり」の武者行列(九度山町提供)
「紀州九度山真田まつり」の武者行列(九度山町提供)

戦国武将の真田昌幸、幸村父子が隠棲した地・和歌山県九度山町で毎年ゴールデンウイーク(GW)に開かれてきた「紀州九度山真田まつり」が、新型コロナウイルスによる中止を経て今年、3年ぶりに開催される。例年2日間としてきた期間は5月5日のみの1日間に短縮するが、メインイベントの武者行列は実施する。担当者は「歴史あるまつりを開催し、継承していくことで地域に活力を与えたい」と話している。

まつりは町などでつくる実行委員会の主催。町によると、まつりは5月7日の幸村の命日にちなみ、戦前から続いてきた。詳しい開始時期は不明だが、大正11年3月25日の新聞記事に行列が実施されたと記載されているという。

近年は地元を盛り上げるイベントとして定着。NHK大河ドラマ「真田丸」が放送された平成28年には、昌幸役を演じた俳優、草刈正雄さんがオープンカーで武者行列に合流し、会場を沸かせたこともある。

昨年と一昨年は新型コロナの影響で2年連続中止されたが、今年は主催者側が感染防止の基準を設けるなど対策を徹底した上で開催することにした。

5日は午前10時から道の駅「柿の郷くどやま」(入郷)の芝生広場でオープニングセレモニーを実施。10時半から「紀州九度山真田鉄砲隊」、11時半から「紀州九度山真田武将隊」が、それぞれ演武を披露する。

午後1時から「紀州九度山真田太鼓保存会」が真田出陣太鼓を演奏。1時半から、武者行列の出陣式があり、甲冑(かっちゅう)姿の参加者らが町中心部を巡り、真田氏ゆかりの「真田庵」まで練り歩く予定。

鉄砲演武などを披露する梅下修平隊長は「(観光客らに)『九度山はすごい』と思ってほしいので、(中止で)できなかった分、盛り上げたい」と意気込んでいる。

まつりは午前10時~午後3時。小雨決行。問い合わせは実行委員会(0736・54・2019)。

会員限定記事会員サービス詳細