山梨の山中に人骨 キャンプ場女児不明との関連捜査

行方不明になっている小倉美咲さんが最後に目撃された丁字路=令和元年9月25日、山梨県道志村(渡辺浩撮影)
行方不明になっている小倉美咲さんが最後に目撃された丁字路=令和元年9月25日、山梨県道志村(渡辺浩撮影)

山梨県道志村の山中で、人骨の頭の一部が見つかったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。道志村では令和元年9月、家族でオートキャンプ場を訪れた千葉県成田市の小倉美咲さん(9)が行方不明になっており、山梨県警は年齢や性別の特定を急ぎ、関連を慎重に調べる。

県警によると、40代男性が23日、山道脇で人の骨のようなものを発見。写真を撮って確認し、25日に道志村の駐在所に届け出た。26日に司法解剖をし、人骨で頭の一部と判明した。

発見場所は、美咲さんが行方不明になったキャンプ場から東に約600メートルだった。県警は26日に40人態勢で付近を捜索、27日以降も継続する。美咲さんは元年9月21日、家族らと訪れ、行方不明となった。美咲さんの母、とも子さん(39)は26日、自身のツイッターで「美咲が無事に戻ってくると信じています」とつづった。

会員限定記事会員サービス詳細