「別の方法で対応すべき」とNPB 佐々木朗への球審対応

2回、ロッテ・佐々木朗(手前左)に詰め寄る球審の間に入る捕手の松川(奥右)=京セラドーム
2回、ロッテ・佐々木朗(手前左)に詰め寄る球審の間に入る捕手の松川(奥右)=京セラドーム

日本野球機構(NPB)の井原事務局長は26日、ロッテの佐々木朗が24日のオリックス戦で白井球審に詰め寄られた場面について、友寄審判長が「試合中に(選手に)注意することはあるが、別の方法で対応すべきだった」と指摘したことを明らかにした。白井審判員も理解を示したという。

24日の試合では、佐々木朗が二回に安達への際どい外角速球がボールとされて苦笑いを浮かべた直後に、白井球審がマウンド付近まで近づいていった。

NPBにはファンからの批判的な意見が多数寄せられているという。井原事務局長は今後の対応について「処分になるような根拠規定はない。何らかの処分をする対象とは考えていない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細