今年も甲子園で決勝実施 女子高校野球

第25回全国高校女子硬式野球決勝戦で投球する神戸弘陵先発の日高結衣=2021年8月23日、甲子園球場(水島啓輔撮影)
第25回全国高校女子硬式野球決勝戦で投球する神戸弘陵先発の日高結衣=2021年8月23日、甲子園球場(水島啓輔撮影)

全国高校女子硬式野球連盟と全日本女子野球連盟は26日、今夏の全国高校女子選手権大会の決勝を8月2日に甲子園球場で実施すると発表した。試合は午後4時開始予定で、予備日は4日。準決勝までは兵庫県丹波市で開催する。

同選手権大会は1997年に始まり、2004年から丹波市で実施している。40校が参加した昨年の第25回大会で関係者の要望が実り、初めて甲子園球場での決勝が実現。日本高野連や同球場などと協議を重ね、2年連続で〝高校球児の聖地〟が決勝の舞台となる。

昨年は男子の全国高校選手権大会期間中だった8月23日に行われて、神戸弘陵(兵庫)が高知中央に4―0で勝った。今年は8月6日に開幕する男子の第104回大会の前となった。

会員限定記事会員サービス詳細