プーチン氏はワリエワ擁護 「禁止薬物の助けない」

北京冬季五輪のメダリスト表彰式で、記念撮影に臨むロシアのプーチン大統領(左)とカミラ・ワリエワ=26日、モスクワ(ロシア大統領府提供・ロイター)
北京冬季五輪のメダリスト表彰式で、記念撮影に臨むロシアのプーチン大統領(左)とカミラ・ワリエワ=26日、モスクワ(ロシア大統領府提供・ロイター)

ロシアのプーチン大統領は26日、モスクワで開いた北京冬季五輪のメダリスト表彰式で、ドーピング疑惑に揺れたフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワについて「彼女の演技は禁止薬物の助けを借りて達成されたものではない」と擁護した。ロイター通信が報じた。

26日で16歳になったワリエワは北京で団体1位に貢献した後、昨年12月の検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが判明。当時は16歳未満で「要保護者」に該当したことなどを理由に個人種目出場を認められたが、4位に終わった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細