新庄監督「必要あるかな」 佐々木朗への球審詰め寄り

オリックス戦一回、白井一行審判とロッテ・佐々木朗希=24日、京セラドーム大阪(撮影・河田一成)
オリックス戦一回、白井一行審判とロッテ・佐々木朗希=24日、京セラドーム大阪(撮影・河田一成)

日本ハムの新庄監督が26日、ロッテの佐々木朗が24日のオリックス戦で白井球審から詰め寄られたことについて、「その場面しか(映像で)見ていないから」と前置きした上で「あそこまでする必要はあるのかなとは思いましたね」と見解を示した。

球審の態度がやや高圧的に見えたようで「例えば、捕手とか監督に『あの行為はないよ』っていうことをイニングの合間に言うとかね」と提案。また「野球を早く進行させようとしてる中、近寄る方が時間の無駄になるだろうし」と指摘した。

佐々木朗は二回に安達への際どい外角速球がボールとされて苦笑いを浮かべ、直後に白井球審が言葉を発しながら歩いてマウンド付近まで近づいていった。

会員限定記事会員サービス詳細