フォト特集

北京住民2200万人対象にコロナ検査開始

PCR検査に並ぶ市民ら=26日、北京市豊台区(共同)
PCR検査に並ぶ市民ら=26日、北京市豊台区(共同)

中国の北京市当局は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市内10区と経済技術開発区の住民を対象に大規模なPCR検査を開始した。習近平国家主席ら共産党指導部が執務する「中南海」のある西城区など、市中心部で対応を強化。感染を徹底して封じ込める「ゼロコロナ」政策を堅持するため、検査対象を大幅に拡大した。

大規模検査は約2200万人の北京市住民の大部分が対象。北京の1日当たりの感染者数はここ数日、数十人程度だが、上海で感染が急拡大する中、中国当局は首都防衛に躍起になっている。

市当局は25日、在中国日本大使館がある朝陽区で先行して検査を始めた。新たに対象となった地域では26~30日に検査を実施。1日おきに計3回調べる。(共同)

26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(右)(AP)
26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(右)(AP)
26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(ロイター)
26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(ロイター)
26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(ロイター)
26日、北京市内でコロナの検査を受ける市民(ロイター)
PCR検査を受ける市民ら=26日、北京市豊台区(共同)
PCR検査を受ける市民ら=26日、北京市豊台区(共同)
26日、北京市内の地下鉄駅を出てきたマスクを着けた人々(ロイター)
26日、北京市内の地下鉄駅を出てきたマスクを着けた人々(ロイター)
マスクを着けてスーパーマーケットの開店時間を待つ市民 =26日、北京市内(ロイター)
マスクを着けてスーパーマーケットの開店時間を待つ市民 =26日、北京市内(ロイター)
マスクを着けてスーパーマーケットの開店時間を待つ市民 =26日、北京市内(ロイター)
マスクを着けてスーパーマーケットの開店時間を待つ市民 =26日、北京市内(ロイター)

会員限定記事会員サービス詳細