フォト特集

北京で大規模PCR検査 ロックダウン恐れ買いだめも

果物や野菜を売る商店に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
果物や野菜を売る商店に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)

北京市当局は25日、新型コロナウイルスの市中感染拡大を防ぐため、大規模なPCR検査を実施した。在留邦人が多い地域が厳戒態勢となり、ロックダウン(都市封鎖)を恐れる買いだめも加速。中国政府は首都を「死守」する構えで、経済や市民生活への打撃が大きい中でも感染封じ込めを目指す「ゼロコロナ」政策を転換する気配はない。

北京の1日当たりの新規感染は1桁が続いていたが、23日以降2桁台に増加。当局は24日に防疫態勢を強化すると発表し、感染者が多い朝陽区では出勤前の検査を要求。同区では25日朝、検査拠点が混み合った。同区には日本大使館があり、在留邦人も多く暮らす。在宅勤務を始めた日系企業もある。当局は一部居住区に検査結果が出るまで外出しないよう通達した。(共同)

売り切れが目立つスーパーの野菜売り場=25日、北京市朝陽区(共同)
売り切れが目立つスーパーの野菜売り場=25日、北京市朝陽区(共同)
買い出し客で混み合うスーパーのレジ=25日、北京市朝陽区(共同)
買い出し客で混み合うスーパーのレジ=25日、北京市朝陽区(共同)
25日、封鎖されたマンション敷地内で遊ぶ子どもたち=中国上海市(共同)
25日、封鎖されたマンション敷地内で遊ぶ子どもたち=中国上海市(共同)
PCR検査を受ける市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査を受ける市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査を受ける市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査を受ける市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
スーパーで買い出しする市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
スーパーで買い出しする市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
PCR検査に並ぶ市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
スーパーで買い出しする市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)
スーパーで買い出しする市民ら=25日、北京市朝陽区(共同)

会員限定記事会員サービス詳細