「接種環境整備に努力」 首相回答、ワクチンめぐり

記者会見する岸田文雄首相=8日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
記者会見する岸田文雄首相=8日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は25日、新型コロナウイルスワクチン接種に伴う副反応への対応をめぐり「国民が安心して接種を受けられる環境の整備に努める」との見解を示した。8日の記者会見で質問できなかった報道機関が寄せた質問に文書で回答した。

副反応を疑う人が希望すれば、必要な医療機関を受診できる体制を確保するよう、厚生労働省が既に各都道府県へ依頼したと説明。専門的な医療機関の名称公表も調整しているとした。

ロシアによるウクライナ侵攻に関しては「欧州とインド太平洋地域の安全保障を区分することはもはやできない」と強調。北大西洋条約機構(NATO)との連携を強化する考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細