昭和天皇とヒトラーを動画で同列に ウクライナ政府、謝罪し削除

ウクライナ国旗
ウクライナ国旗

ウクライナ政府は25日までに、ツイッターの公式アカウントに昭和天皇とナチス・ドイツの指導者ヒトラーらの顔写真を並べた動画を投稿していたとして「友好的な日本の人々を怒らせる意図はなかった」と謝罪し、写真を削除した。

動画は今月1日に投稿され、ウクライナに侵攻したロシアのプーチン政権を「現代のファシズム」として非難する内容。「ファシズムとナチズムは1945年に敗北した」と指摘した場面で、ヒトラーやイタリアの独裁者ムソリーニと昭和天皇の顔写真を並べた。

日本国内のツイッターユーザーなどから批判が集まり、在日ウクライナ大使館のアカウントに抗議が殺到。コルスンスキー駐日大使は25日、自らのツイッターで「制作者の歴史認識不足。深くおわび申し上げます」と表明した。

磯崎仁彦官房副長官は25日の記者会見で「不適切で極めて遺憾だ」と述べ、削除を要請したことを明らかにした。ウクライナ政府が謝罪の意を示した経緯も踏まえ「今後とも困難に直面するウクライナの人々に寄り添った支援を実施していく」と語った。(共同)

ウクライナ投稿に政府が抗議 昭和天皇とヒトラー並べ「ナチズム、全体主義」

 


会員限定記事会員サービス詳細