上皇ご夫妻のお住まいを公開 26日ご入居へ

改修工事が完了し公開された赤坂御用地の仙洞御所=25日午後1時31分、東京都港区(代表撮影)
改修工事が完了し公開された赤坂御用地の仙洞御所=25日午後1時31分、東京都港区(代表撮影)

宮内庁は25日、上皇ご夫妻の新たなお住まいとなる旧赤坂御所(東京都港区)の内部を公開した。ご夫妻は26日に入居される予定で、名称は同日、「仙洞(せんとう)御所」と改められる。

建物は「私室部分」「事務部分」など3種類に区分され、公開されたのは、来客対応などを行う「公室部分」。昨年9月に天皇ご一家が皇居内の御所に転居されて以降、天井のクロスや壁紙のはり替えが行われ、来客用のトイレもオストメイト(人工肛門、人工ぼうこう利用者)対応とした。

非公開の私室部分も、エレベーターを設置するなどバリアフリー化。事務部分の改修工事はご夫妻のご入居後も続き、完成は6月ごろとなる見通し。

会員限定記事会員サービス詳細