大谷は4打数2安打1四球 4度目の複数安打

オリオールズ戦の7回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
オリオールズ戦の7回、右前打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は24日、アナハイムでのオリオールズ戦に「1番・指名打者」で出場し、4打数2安打、1四球、2得点で、打率は2割2分4厘。今季4度目の複数安打。チームは7-6で辛くも勝ち、同一カード3連敗を逃れた。

一回の第1打席は四球、この回2度目の第2打席は三ゴロ、四回2死走者なしの第3打席は一度は安打と判定されたが記録が覆って二ゴロ失、二盗を試みセーフのタイミングだったものの、足がベースかから離れてタッチアウトで4個目の盗塁はならなかった。6点差を同点にされた七回先頭の第4打席は狭い一、二塁間を破る右前安打で出塁、その後満塁から押し出しで勝ち越しのホームを踏んだ。八回2死走者なしの第5打席は左腕のスライダーをセンターに打ち返して中前安打だった。

会員限定記事会員サービス詳細