沖縄復帰記念貨幣打ち初め 首里城デザイン、造幣局

沖縄の本土復帰50年を記念する千円銀貨幣を手にする関係者=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄の本土復帰50年を記念する千円銀貨幣を手にする関係者=25日午後、大阪市の造幣局

沖縄の本土復帰50年を記念する1万円金貨幣と千円銀貨幣の製造を始める打ち初め式が25日、大阪市北区の造幣局であった。照屋義実沖縄県副知事らがスイッチを押すと、模様を施す圧印機が動き出し、次々と硬貨ができていった。金貨幣は2万枚、銀貨幣は5万枚が発行される。

造幣局などによると、金貨幣は直径26ミリ、重さ15・6グラムの純金製。表面には首里城正殿と琉球舞踊「四つ竹」を舞う踊り子がデザインされ、裏面には沖縄の伝統的な染め物「紅型」の図柄があしらわれた。銀貨幣は直径40ミリ、重さ31・1グラムの純銀製で、表面には首里城正殿や県鳥のノグチゲラ、県花のデイゴ、裏面には紅型がカラーで描かれている。

金貨幣の販売価格は15万3500円、銀貨幣は1万1700円。造幣局が通信販売し、復帰50年を迎える5月15日から3週間程度申し込みを受け付ける。

沖縄の本土復帰50年を記念し発行される1万円金貨幣(上段)と千円銀貨幣
沖縄の本土復帰50年を記念し発行される1万円金貨幣(上段)と千円銀貨幣
沖縄復帰50周年記念貨幣の打ち初め式であいさつする沖縄県の照屋義実副知事=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄復帰50周年記念貨幣の打ち初め式であいさつする沖縄県の照屋義実副知事=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄復帰50周年記念貨幣の打ち初め式で、記念写真に納まる沖縄県の照屋義実副知事(左から2人目)ら関係者=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄復帰50周年記念貨幣の打ち初め式で、記念写真に納まる沖縄県の照屋義実副知事(左から2人目)ら関係者=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄復帰50周年記念貨幣の式典で、打ち初めする沖縄県の照屋義実副知事(左から2人目)ら関係者=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄復帰50周年記念貨幣の式典で、打ち初めする沖縄県の照屋義実副知事(左から2人目)ら関係者=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄の本土復帰50年を記念して発行される1万円金貨幣=25日午後、大阪市の造幣局
沖縄の本土復帰50年を記念して発行される1万円金貨幣=25日午後、大阪市の造幣局

会員限定記事会員サービス詳細