エミューから鳥インフルか 北海道釧路市の農場

北海道は25日、釧路市の農場で、大型の鳥エミューから高病原性鳥インフルエンザが疑われる事案を確認したと発表した。約100羽を飼育しており、今後の確定検査で陽性が確認されれば殺処分などの防疫措置を実施する。

農場から25日、「エミューが死んだ」と通報があり、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性が判明した。

網走市では国内初となるエミューの高病原性鳥インフルエンザ感染が今月、確認された。

会員限定記事会員サービス詳細