ACL、川崎は大勝で首位、浦和は大邱とドロー

ジョホール・ダルル・タクジム戦の前半、チーム2点目のゴールを決め谷口(左端)、家長(右端)らに祝福される川崎・小林(左から2人目)=ジョホールバル近郊(ゲッティ=共同)
ジョホール・ダルル・タクジム戦の前半、チーム2点目のゴールを決め谷口(左端)、家長(右端)らに祝福される川崎・小林(左から2人目)=ジョホールバル近郊(ゲッティ=共同)

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、タイのブリラムなどで東地区の1次リーグが行われ、F組の浦和は第4戦で首位を争う大邱(韓国)と0―0で引き分けた。

ともに2勝1分け1敗の勝ち点7で並んでいるが、同じ勝ち点の場合は直接対決で1勝1分けとした大邱が上回る。

I組の川崎はジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)に5―0で大勝し、2勝2分けの勝ち点8で首位に立った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細