旅行各社、返金や代替提案 大型連休中の知床ツアー

北海道・知床岬の先端付近で観光船「KAZU Ⅰ」を捜索する漁船団。知床半島の東側にも捜索の範囲が広げられた=25日午前8時59分(共同通信社ヘリから)
北海道・知床岬の先端付近で観光船「KAZU Ⅰ」を捜索する漁船団。知床半島の東側にも捜索の範囲が広げられた=25日午前8時59分(共同通信社ヘリから)

北海道・知床半島沖で起きた観光船の遭難事故を受け、エイチ・アイ・エス(HIS)など旅行各社は、大型連休中に知床を訪れるツアーに関し、キャンセルに伴う返金やプランの代替提案といった対応に追われた。雄大な自然に海から接近できる観光船は「目玉の一つ」(関係者)だが、連休明けの実施に慎重な会社もある。

知床半島を海から巡るツアーは大型連休から10月ごろがシーズンとなる。地元の4社でつくる「知床小型観光船協議会」は、今回の事故を受けて4月28日~5月8日の運航自粛を決めた。クラブツーリズム(東京)では東京や名古屋、大阪を発着する一部ツアーに知床で観光船に乗船する予定が入っていた。5月8日までのツアーの予約者には、ツアーによって、キャンセル時に手数料を取らずに返金したり、周辺の観光地への代替案を提示したりしている。

会員限定記事会員サービス詳細