「はがき作成依頼しただけ」 前川議員、無罪主張 奈良地裁で初公判

前川清成議員
前川清成議員

昨年10月の衆院選を巡り公示前に自身への投票を呼びかける文書を郵送したとして、公職選挙法違反(事前運動など)の罪で在宅起訴された、日本維新の会の前川清成(きよしげ)衆院議員(59)=比例近畿=の初公判が25日、奈良地裁(沢田正彦裁判長)で開かれた。前川被告は「選挙はがき作成のお願いをしただけだ」と無罪を主張した。

公示前でも、選挙はがきの宛名書きを依頼する文書の送付は立候補の準備行為として認められているが、検察側は冒頭陳述で、前川被告が母校の関西大の卒業生名簿に基づき、約2400人に文書を発送したと指摘。支持者の連絡先を管理する名簿は別にあることから、宛名書きの依頼名目で不特定多数に投票を呼びかけた事前運動に当たると指摘した。

弁護側は、前川被告が卒業生名簿をもとにさまざまな政治活動を行い、名簿を整理してきたと主張。送付先の卒業生は「支援を期待できる人たちだ」と述べ、不特定多数への投票の呼びかけではなく、特定人への準備行為の依頼だとした。

起訴状によると、前川被告は公示前の昨年10月14日、「選挙区は『前川きよしげ』、比例区は『維新』とお書き下さい」と記載した選挙はがきなどが入った封書35通を有権者に発送したとしている。

裁判は100日以内の判決を目指す「百日裁判」で行われる。罰金刑以上が確定すれば、原則5年間公民権停止となり、失職する。

卒業生名簿は「支持者リスト」? 公選法の線引き曖昧、公判で焦点に

会員限定記事会員サービス詳細