露「仏国民は欧米に不満」 ルペン氏は一定の成功

24日、フランス大統領選での敗北後、パリでの集会で支持者らに応えるルペン氏(ロイター=共同)
24日、フランス大統領選での敗北後、パリでの集会で支持者らに応えるルペン氏(ロイター=共同)

フランスのマクロン大統領が再選を決めた大統領選について、ロシア上院国際問題委員会のジャバロフ第1副委員長は24日、敗れた極右政党のルペン氏の結果は「一定の成功」を示したとし、相当数のフランス国民が欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)に不満を抱いているとの見解を述べた。ロシア通信が伝えた。

下院国際問題委員会のチェパ第1副委員長は、マクロン氏は欧州の主要な指導者となる「野望が他の誰よりも強い」と指摘した。

マクロン氏はウクライナ情勢を巡り、ロシアのプーチン大統領と粘り強く対話を続け、注目を集めた。しかし2月の電話会談の数日後にロシアは侵攻を開始し、影響力の限界とも指摘された。(共同)

マクロン氏が勝利宣言、仏大統領再選へ 極右ルペン氏下す

仏大統領選 極右政権の猛追、対露政策に影

マクロン氏再選で安堵の声 課題は物価高対策に

仏大統領選 ルペン票4割超 前回より差縮める

マクロン仏大統領が再選、日本企業は政策継続に期待

極右阻止へ冷や汗 マクロン氏不安要因は国民の不満

会員限定記事会員サービス詳細