パリ五輪の予選方式発表 スポーツクライミング

国際オリンピック委員会(IOC)は24日までに、2024年パリ五輪のスポーツクライミングの予選方式を発表した。同五輪ではボルダリングとリードを合わせた「複合」と「スピード」の2種目が実施される。

参加選手数は複合が男女各20人、スピードは同14人。23年8月の世界選手権(スイス・ベルン)で複合は3位までスピードは2位までの選手が出場権を獲得。残りは同年9~12月の大陸別予選と、24年3~6月の「予選シリーズ」で決める。開催国枠と推薦枠も設けられる。各国・地域の最大出場枠は各種目男女それぞれ2まで。

スポーツクライミングが初採用された昨夏の東京五輪ではスピードを加えた3種目による複合が行われた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細