現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月24日

教壇の先生は愛国心について長々と語っている。主人公の「私」は退屈でならない。故国を愛する気持ちは誰にだってある。なぜ分かり切ったことを…。視線をはわせた窓の外、庭の隅のバラをぼんやりと眺めた。

▼「私」はふと思う。「人間も、本当によいところがある」と。「花の美しさを見つけたのは、人間だし、花を愛するのも人間だもの」。太宰治『女生徒』の知られた一節である。人の目は、情趣あるものや美的感覚を強く揺さぶるものに、感応しやすくできている。

▼悲しいことに、それらとは正反対のものにも。人の醜い面であったり、その犠牲となった人々の悲惨な境涯であったり、人間界の営みを瞬く間にのみ込む天地の暴力的な異相であったりもする。それらを目にする度、人は胸の奥深い部分にぬぐい難い痛みを覚える。

ランキング

  1. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  2. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  3. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  4. 【産経抄】5月17日

  5. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  6. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  7. 【浪速風】国技が教えてくれる

  8. 【浪速風】獄死者も…祖国日本による救出を待つ同胞たち

  9. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  10. 【石平のChina Watch】中国軍の実態暴く司令官寄稿

会員限定記事