体力検定中に陸自隊員倒れ死亡 福岡駐屯地

陸上自衛隊第4師団司令部は24日、福岡県春日市の福岡駐屯地で、第4後方支援連隊の隊員、阪健太さん(36)が体力検定中に倒れ、搬送先の病院で死亡したと発表した。

司令部によると、阪さんは22日、駐屯地内の屋外で行われた年1回の体力検定に参加。午前8時半から腕立て伏せと腹筋運動を各2分間行った。午前9時半に3千メートル走をスタートし、ゴール直後の午前9時40分ごろ倒れ、24日早朝に死亡したという。

検定直前の点呼では、阪さんから体調不良の申し出はなかった。阪さんの死因は「確認中」としている。

会員限定記事会員サービス詳細