長唄の杵勝会5月に「東西合同演奏会」 大阪

「東西合同演奏会」に出演する杵屋寿希、禄宣、禄三、寿哉(右から)=大阪市阿倍野区
「東西合同演奏会」に出演する杵屋寿希、禄宣、禄三、寿哉(右から)=大阪市阿倍野区

長唄の最大流派、杵勝(きねかつ)会の若手と中堅による「東西合同演奏会」が5月11日、大阪市阿倍野区の阿倍野区民センター小ホールで開かれる。杵勝会関西支部長で三味線方の杵屋禄宣(ろくのぶ)は「出演者が舞台で曲紹介をするなど、若い力を合わせて今までとは違った演奏会を作りたい」と意気込む。

東西合同演奏会は昨年東京で始まり、関西は初となる。今回は関西在住の演奏家を中心に企画、歌舞伎でもおなじみの「勧進帳(かんじんちょう)」など5曲を披露する。

幕開きの「操三番叟(あやつりさんばそう)」に出演する三味線の杵屋寿哉(としや)は「物事を寿(ことほ)ぐ意味合いのある曲なので、興行が成功するようしっかりつとめる」と話す。

「勧進帳」では、禄宣と唄方の杵屋禄三(ろくぞう)の兄弟がそれぞれ演奏をリードする立三味線(たてじゃみせん)と立唄(たてうた)を初めてつとめる。「兄弟ならではの息の合ったところを見せたい」と禄宣。高音で三味線を弾く「上調子(うわぢょうし)」をつとめる杵屋寿希(としき)も「勧進帳の主旋律は何度も弾いたが、上調子はこういう(若手の)演奏会でしかつかない役」と気合を入れる。

禄三は「関西は長唄の公演が少ないので、和の音楽が生活の一部となるように活動していく」と話した。

蹴鞠(けまり)に興じる様子を描いた優雅な「蹴鞠(しゅうぎく)」は二世杵屋勝三郎の作曲。他に「越後獅子」「吉原雀」。

午後5時開演。3千円。問い合わせは杵勝会(03・3505・1052)。

会員限定記事会員サービス詳細