鉄道開業150年

分け入っても分け入っても 青葉に染まる車窓 JR九州「ゆふいんの森」

山あいの自然豊かな車窓を楽しめる「ゆふいんの森」。新緑を楽しめる季節がやってくる =大分県九重町(萩原悠久人撮影)
山あいの自然豊かな車窓を楽しめる「ゆふいんの森」。新緑を楽しめる季節がやってくる =大分県九重町(萩原悠久人撮影)

静かだ。耳に入るのは風が奏でる葉音と鳥のさえずりだけ。カメラを三脚に載せてじっと待つ。不意に遠くから響いてくる車輪の音が混じったかと思うと、木が生い茂る山肌から車両が顔を出した。

平成元年にデビューしたJR九州の観光列車「ゆふいんの森」。現在は同社が何本も運行する観光面に特化した「D&S(デザイン&ストーリー)列車」のさきがけだ。

鹿児島線や久大線を経由し、博多駅(福岡市博多区)と、九州でも有数の温泉地・由布院温泉のある由布院駅(大分県由布市)を約2時間10分で結ぶ。車窓からの美しい眺めと凝った内装で旅の高揚感を楽しむことができる。

ゆふいんの森が観光地・由布院のイメージ向上に果たした功績は大きい。「列車の名前で、『由布院』の名前を知ってくれる子供も多い」と、由布市まちづくり観光局の生野(しょうの)敬嗣さん(53)は話す。

グリーンの車両が美しい「ゆふいんの森」=大分県九重町(萩原悠久人撮影)
グリーンの車両が美しい「ゆふいんの森」=大分県九重町(萩原悠久人撮影)

由布院温泉は、古くから映画祭や音楽祭など独自の取り組みを通じ、日常を離れた旅と温泉の魅力を提供してきた。ゆふいんの森もまた、乗ったときから乗客に「非日常」を感じてもらうことをコンセプトとして設計されている。

そんな旅の〝案内人〟に地元の人々は深い親しみを感じてきた。沿線には「ゆふいんの森」を見かけると自然と手を振る人々が多いという。「ずっと手を振り返さないといけないから大変―と冗談まじりに話される乗客の方もいます」と生野さんは笑う。

森林の中を進む「ゆふいんの森」=大分県九重町(萩原悠久人撮影)
森林の中を進む「ゆふいんの森」=大分県九重町(萩原悠久人撮影)

久大線は険しい山間部を通ることもあり、水害に悩まされてきた。令和2年の熊本豪雨でも鉄橋が流失。東西の線路が寸断された由布院駅に停車したままの列車の姿に地元の悲しみを重ね「オブジェのようだ」と感じた住民もいたという。

出発する「或る列車」=由布院駅(萩原悠久人撮影)
出発する「或る列車」=由布院駅(萩原悠久人撮影)

平成27年には新たな観光列車「或(あ)る列車」も加わり注目を集める久大線。沿線のシンボルとして愛されてきた「ゆふいんの森」は、平成から令和に変わっても地元の思いを受け、後輩とともに人々を旅へと誘(いざな)う。

(写真報道局 萩原悠久人)

鉄道が好きな由布市に住む小学5年生の河野理宮君。休日や放課後にホームで旗を振って列車を見送っている。「僕のように、乗っている人が楽しい思い出をつくってくれたらうれしい」 =由布院駅(萩原悠久人撮影)
鉄道が好きな由布市に住む小学5年生の河野理宮君。休日や放課後にホームで旗を振って列車を見送っている。「僕のように、乗っている人が楽しい思い出をつくってくれたらうれしい」 =由布院駅(萩原悠久人撮影)
かつて久大線を支えた豊後森機関庫。九州で現存する唯一の扇形機関庫で、町がJR九州から買い取り公園として整備した=大分県玖珠町(萩原悠久人撮影)
かつて久大線を支えた豊後森機関庫。九州で現存する唯一の扇形機関庫で、町がJR九州から買い取り公園として整備した=大分県玖珠町(萩原悠久人撮影)
週末を迎えにぎわう由布院の街並み=大分県由布市(萩原悠久人撮影)
週末を迎えにぎわう由布院の街並み=大分県由布市(萩原悠久人撮影)
山あいの自然豊かな車窓を楽しめる「ゆふいんの森」。新緑を楽しめる季節がやってくる=大分県九重町(萩原悠久人撮影)
山あいの自然豊かな車窓を楽しめる「ゆふいんの森」。新緑を楽しめる季節がやってくる=大分県九重町(萩原悠久人撮影)
由布岳を背に走る「ゆふいんの森」。共に由布院のシンボルとして欠かせない=大分県由布市(萩原悠久人撮影)
由布岳を背に走る「ゆふいんの森」。共に由布院のシンボルとして欠かせない=大分県由布市(萩原悠久人撮影)
木々に映えるグリーンの車両が美しい=大分県九重町(萩原悠久人撮影)
木々に映えるグリーンの車両が美しい=大分県九重町(萩原悠久人撮影)

会員限定記事会員サービス詳細