再協議の途中 国民代表 「維新と政権交代」文書

街頭演説する国民民主党の玉木代表(右)と「ファーストの会」の荒木千陽代表(右)=24日午後、東京都新宿区
街頭演説する国民民主党の玉木代表(右)と「ファーストの会」の荒木千陽代表(右)=24日午後、東京都新宿区

国民民主党の玉木雄一郎代表は24日、参院選の相互推薦について交わした文書の修正を日本維新の会に打診していることに関し「党内手続きに瑕疵(かし)があったことは間違いない。再協議の途中だ」と重ねて説明した。東京都内で記者団の質問に答えた。

文書をめぐっては「政権交代を実現し日本再生に尽力する」との文言が、国民内で「維新との全体的な連携につながる表現だ」として異論が出ている。

これに先立ち玉木氏は、地域政党「都民ファーストの会」が国政進出のために設立した政治団体「ファーストの会」の荒木千陽代表と街頭演説し「都民ファとともに新しい日本の大改革を成し遂げたい」と訴えた。国民は同会とも参院選の相互推薦で合意している。

会員限定記事会員サービス詳細