畑岡が暫定首位 米女子ゴルフのDIOインプラントLAオープン第2R

第1ラウンド、11番でティーショットを放つ畑岡奈紗。4アンダーで2位=ウィルシャーCC(共同)
第1ラウンド、11番でティーショットを放つ畑岡奈紗。4アンダーで2位=ウィルシャーCC(共同)

米女子ゴルフのDIOインプラントLAオープンは22日、カリフォルニア州ロサンゼルスのウィルシャーCC(パー71)で、雨の影響で1時間15分遅れて第2ラウンドが行われ、日没のため一部の選手がプレーを終えられなかった。

2位で出た畑岡奈紗は7バーディー、4ボギーの68と伸ばし、通算7アンダーの135で、世界ランキング1位の高真栄(韓国)と並び、暫定首位に立った。

66をマークした笹生優花は通算1アンダーで暫定19位、古江彩佳は73で回り1オーバーの同41位、渋野日向子は74で3オーバーの同60位。

23日に第2ラウンドの残りと第3ラウンドを行う。


■畑岡奈紗の話 「風の中でスタートして、我慢のゴルフだった。(前半の)16番でアイアンショットの修正のきっかけをうまく見つけられ、後半につながった。最後の3連続バーディーは大きい」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細