警官、バイクに引きずられ全身にすり傷 大阪で巡回中

22日午後11時20分ごろ、大阪府東大阪市三ノ瀬で、公園近くの通行人から「若い男性がバイクに引きずられていた」と110番があった。大阪府警布施署の23日の発表によると、男性は同署地域課の巡査部長(33)で、全身にすり傷を負って病院に搬送されたが、命に別条はない。同署は公務執行妨害の疑いで、逃げたバイクの人物を捜している。

巡査部長は同僚2人と一緒に巡回中で、公園にいた人物を不審に思い、同僚と離れて職務質問していた。同僚は、巡査部長が見当たらなくなったため、あたりを捜すと、公園近くの路上に巡査部長の靴があった。巡査部長の携帯に電話すると「痛い、痛い」と声を上げていた。

その後の捜索で、巡査部長は同市長瀬町の路上で見つかった。この場所と公園付近との間の道路状況から、約2キロにわたって引きずられた可能性があるという。

会員限定記事会員サービス詳細