浪速風

なりたい職業は

米動画投稿サイト「ユーチューブ」に最初の動画が投稿されたのは、17年前のきょう。創設者の一人、ジョード・カリム氏が米サンディエゴ動物園でゾウの前に立ち、「ゾウの何がいいかって、鼻がとても長いこと」などと語る、何ということもない18秒の動画だ

▶職業柄か、小欄には投稿者が迷惑行為で検挙されるなど、世間を騒がせた問題ばかりが頭に浮かぶが、同社によると2020年に日本国内で生み出された経済効果は2390億円。7万5970人のフルタイム雇用を創出したという。子供たちの「なりたい職業」上位がユーチューバーとなって久しい

▶ただ第一生命保険の昨年度の「なりたい職業」調査では、男子小中高生と女子中高生でいずれも「会社員」がトップだった。同社は、子供たちが「働きやすさ」を求めた結果だと分析する。そう思わせたのが親の背中なら、子供たちに「幸せそう」と思われている、ということなのだろうか。

会員限定記事会員サービス詳細