南海高野線ダイヤ復旧、人身事故で約1万7千人に影響

大阪市西成区の南海高野線天下茶屋駅で23日、女性が電車にはねられ死亡した事故で、南海電鉄は同日、乱れが生じていたダイヤがほぼ復旧したと発表した。

事故は23日午前9時45分ごろ発生。南海高野線は難波-堺東間の上下線で一時運転を見合わせていたが、同11時15分ごろ再開し、午後1時20分ごろほぼ正常ダイヤに復旧した。上下線計33本が運休し、計40本が最大約1時間55分遅れ、約1万7千人に影響した。

会員限定記事会員サービス詳細