役割を終えた人工衛星に“乗っ取り”の危険性:研究者の実験から明らかに

人工衛星は外部からハッキングされやすい状態にあることが、このほどセキュリティ研究者らの“実験”によって明らかになった。役割を終えて放置された人工衛星を乗っ取ればテレビなどの放送も可能で、プロパガンダに悪用される危険性も指摘されている。

近年、稼働中の人工衛星が抱えるセキュリティ上の脆弱性が独立研究者や米軍から指摘されている。これらの人工衛星は、主に耐久性や安定性、長期間の稼働を念頭に置いてつくられており、セキュリティに対する意識はどうやら低かったようなのだ。

ところが、ワシントンD.C.で3月25日(米国時間)に開催されたセキュリティカンファレンス「ShmooCon」において、人工衛星のライフサイクルの異なる段階に関する疑問を、組み込み機器のセキュリティ研究者であるカール・コーシャが投げかけている。古い人工衛星が廃棄されて墓場軌道(役割を終えた人工衛星を周回させる通常の高度よりも高い軌道)に移行するときには、何が起こるのだろうか?

意外と簡単だった衛星のハッキング

そんなコーシャと彼の仲間が2021年に得たのは、カナダの人工衛星「Anik F1R」への接続と放送の許可である。この人工衛星はカナダの放送局を支援する目的で05年に打ち上げられ、15年間の稼働を想定して設計されていた。その放送範囲は米南部の国境付近からハワイ、そしてロシアの最東部まで広がっている。

この人工衛星は間もなく墓場軌道に移ることから、利用しているテレビ局などはおおむね新しい衛星へと移行している。だが、アップリンク(送信経路)の利用許可と中継器(トランスポンダー)の空いている枠を利用できるリース契約を得た研究者たちが引き続き通信に利用していた。それらの権利をコーシャたちが引き継ぎ、北半球に向けて放送する機会を得たのである。

「実際に動かせるとは思ってもいませんでしたよ」と、コーシャは語る。「撮った映像が北米全土に放送されるなんて、なんだか非現実的ですね」

こうしてコーシャのほか、通信機器や組み込み機器をハッキングする集団「Shadytel」のメンバーたちは、別のセキュリティカンファレンス「ToorCon San Diego」の生配信の様子を10月に放送した。3月末のShmooConでは、場所が明かされていない商用アップリンク施設(人工衛星との通信用の電力が供給されている特殊なアンテナを備えた設備)を、人工衛星放送用の司令塔に建て替えるために使った道具について説明している。

会員限定記事会員サービス詳細