NY株急落、一時千ドル超 米金融引き締め加速を警戒

ニューヨーク証券取引所(ロイター)
ニューヨーク証券取引所(ロイター)

22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前日比981・36ドル安の3万3811・40ドルで取引を終えた。下げ幅は一時1020ドル近くになった。終値の下げ幅としては2020年6月以来、1年10カ月ぶりの大きさ。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めの加速で米経済が減速することを警戒した売りが広がり、全面安となった。

FRBのパウエル議長が前日、5月に開かれる次回連邦公開市場委員会(FOMC)で通常の2倍となる0・5%利上げを検討すると明言した。利上げが経済の回復鈍化を招くとの懸念が強まり、素材や建設関連といった景気に敏感とされる銘柄や、消費に関連した株が売られた。下落したのは2日連続。

米企業業績の先行きに対する慎重な見方が広がった。米長期金利が高止まりしており、相対的に割高感が意識されるIT関連銘柄が売られたことも相場全体を押し下げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細