シェル、中国企業と交渉か サハリン2の権益売却で

英シェルのロゴ(ロイター)
英シェルのロゴ(ロイター)

英石油大手シェルが、ロシア極東サハリンでの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益に関し、中国の石油大手と売却交渉を始めたことが21日、分かった。ロイター通信などが報じた。ロシアのウクライナ侵攻を受け、シェルは事業からの撤退を決めていた。

シェルはサハリン2で約27・5%の権益を持っており、報道によると売却先候補は中国石油大手の中国海洋石油(CNOOC)、中国石油天然気集団(CNPC)、中国石油化工集団(シノペック)。協議は初期段階で、合意に至らない可能性もあるという。

サハリン2には、ロシア政府系のガスプロムが約50%を出資している。日本勢では三井物産と三菱商事が出資し、日本政府はエネルギー安全保障の観点から重要な事業と位置付けている。萩生田光一経済産業相は今月1日の閣議後記者会見で、サハリン2から撤退しない方針を示していた。(共同)

経産相、ロシア権益を注視 英シェル、中国と売却交渉


会員限定記事会員サービス詳細