南北首脳が親書交換、互いに「努力」たたえ、韓国次期政権にクギ

2018年4月、南北首脳会談を前に韓国の文在寅大統領(右)と手をつなぎ軍事境界線を越える北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=板門店(韓国共同写真記者団・共同)
2018年4月、南北首脳会談を前に韓国の文在寅大統領(右)と手をつなぎ軍事境界線を越える北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=板門店(韓国共同写真記者団・共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記に親書を送り、金氏も21日に返信したと報じた。南北首脳は、南北協力に向けた互いの努力と2018年に板門店(パンムンジョム)や平壌で発表した共同宣言を評価した上で「互いが希望を抱いて尽きることなく努力を傾けていけば、北南(南北)関係が民族の念願と期待に即して改善・発展する」との見解を共にしたとしている。

文氏は5月9日の退任を前に、最も注力した南北対話の成果が、北朝鮮に強硬的な尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期政権で打ち消されることがないよう南北間合意の維持を迫る思惑とみられる。金氏は、南北関係の改善は韓国側の態度次第だと尹次期政権にクギを刺す狙いがありそうだ。

ただ、金氏は18年に表明した核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射中止の宣言をほごしにて今年3月のICBM再発射を含むミサイル発射を繰り返し、南北協力の象徴である北朝鮮・金剛山(クムガンサン)の韓国側観光施設の撤去を進めている。南北対話も19年以降、停滞しており、今回の親書交換は言葉だけで終わる可能性がある。

朝鮮中央通信は「両首脳の親書交換は、深い信頼の表れ」と強調した。文氏は親書で「困難な状況下でも両首脳が手を取り合って朝鮮半島の平和と北南協力のために努力してきた」とし、「退任後も共同宣言が統一の基礎となるよう心を同じくする」と表明。金氏は、共同宣言が「全民族に未来への希望をもたらしたこと」を振り返り、「任期最後まで民族の大義のために心を砕いてきた文大統領の苦悩と労苦」について高く評価したという。

会員限定記事会員サービス詳細