18歳男を強盗致死容疑で逆送、起訴で氏名公表も

現場に手向けられた花束=3月2日、大阪府寝屋川市(恵守乾撮影)
現場に手向けられた花束=3月2日、大阪府寝屋川市(恵守乾撮影)

大阪府寝屋川市で3月、専門学校生の男性(20)が刃物で刺され死亡した事件で、大阪家裁は22日、強盗致死容疑で家裁送致された男(18)の少年審判を開き、同容疑で検察官送致(逆送)する決定をした。大阪地検が勾留期間の10日以内に起訴し、裁判員裁判で審理される見通し。家裁は20日、同じ事件で家裁送致された男(19)も同容疑で逆送していた。

今月1日に施行された改正民法で成人年齢は18歳に引き下げられたが、少年法は引き続き20歳未満にも適用。このうち18、19歳は「特定少年」と位置付けられ、起訴されれば実名報道が可能になる。8日には甲府市の放火殺人事件で、甲府地検が初めて19歳の被告の氏名を公表した。

真鍋秀永裁判官は決定理由で、18歳の男が事件の発案者ではないとしながらも、共犯者の19歳の男が刃物を持って犯行に臨むことを知っていた点を指摘。「重大な結果が生じかねないと考えることはできた」として刑事処分が相当とした。

大阪府警は3月、男女4人を強盗殺人容疑で逮捕。地検は19歳男を同容疑で、18歳男を強盗致死容疑に切り替えて家裁送致したほか、成人の2人を強盗致死罪で起訴。家裁は今月20日、19歳男の殺意を認定せず強盗致死容疑に切り替えて逆送していた。

家裁の決定によると、3月1日午後11時50分ごろ、大阪府寝屋川市の路上で、男性の顔に催涙スプレーを吹きかけて特殊警棒で殴るなどし、刃物で背中を突き刺して死亡させ、現金約13万円などが入ったバッグを奪ったとしている。

19歳男を逆送、強盗致死の疑いで


会員限定記事会員サービス詳細