コーエーテクモ、新卒初任給29万円に引き上げ 競合ゲーム会社の初任給

コーエーテクモのオフィス(出典:同社公式Webサイト)
コーエーテクモのオフィス(出典:同社公式Webサイト)

コーエーテクモホールディングスは4月21日、各グループ会社の正社員を対象に、大卒初任給を5万6000円増額し、月額29万円にすると発表した。バンダイナムコエンターテインメントと並び、大卒初任給ではゲーム業界で最高水準になるとみられる。2021年度の業績が好調なためで、同社は「最大の功労者である社員の活躍に報い、更なる飛躍に向けた就業環境を整える」としている。ゲーム業界では、カプコンも社員の年収を平均3割引き上げるなど賃上げが相次いでいる。

『モンスターファーム』シリーズや『三國志』シリーズを手掛けることで知られる同社。一部グループ会社で初任給は異なるものの、新卒社員に対しては時間外労働手当も別途支給する。既存社員の月給も平均で7万3000円増額(23%増)する。

コーエーテクモのゲーム
コーエーテクモのゲーム

賃上げの主要因は好調な業績だ。同社は3カ年の中期経営計画の最終年度の利益目標を上回ることが確実だという。このため、賃上げとは別に「特別賞与」も社員に支給する。『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』(6月24日発売)、『信長の野望・新生』(7月21日発売)など注目タイトルの発売を前に、社員に利益還元した形だ。

コーエーテクモのプレスリリース
コーエーテクモのプレスリリース

賃上げ実施は6月からだが、4月まで遡って引き上げる。同社は「人材が最も重要な資産であるとの考えに基づき、従来から働きがい向上につながる施策に取り組んでいる。今後も社員のエンゲージメントが向上するよう魅力ある人事制度を実現していく」としている。22年度にはこれらの取り組みに加えて、7期連続となるベースアップも予定しているという。

会員限定記事会員サービス詳細