現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月22日

北野武さんが小学6年生になった年の誕生日だった。何か買ってやるというから舞い上がった。ところが大きな本屋に連れて行かれ、買ってもらえたのは『自由自在』という参考書である。なにが自由自在だ、おいらには、不自由不自在だ…。

 ▼かなりの教育ママだった母親について書いたエッセーを、女優の高峰秀子さんは興味深く読んだ。自分の養母は正反対だったからだ。高峰さんが活字を読み、勉強することを徹底的に嫌った。「勉強なんかしなくったって、金さえあれば何でもできる」というのである(『にんげん住所録』)。

 ▼高峰さんの名エッセイストとしての名声は、松山善三監督と結婚してからの猛勉強の賜物(たまもの)である。さすがに今の時代、子供に勉強を禁止する親はいないはずだ。子供たちの足を引っ張っているのはコロナ禍である。

ランキング

  1. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  2. 【産経抄】5月20日

  3. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  4. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  5. 【正論】「令和臨調」が挑む日本の課題 キッコーマン名誉会長、日本生産性本部会長・茂木友三郎

  6. 【主張】全世代型社会保障 画餅とせず具体的工程を

  7. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  8. 【産経抄】5月19日

  9. 【言葉のひと解き】わが子のかわいさ 家族という断ちがたい絆

  10. 【正論】食の確保こそ安全保障の要諦だ 日本財団会長・笹川陽平

会員限定記事