「緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか」オープンフォーラム開催

第十三回交詢社オープンフォーラム「緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか」
第十三回交詢社オープンフォーラム「緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか」

交詢社は6月5日(日)13時より、『緊張する台湾海峡情勢に日本はいかに対応すべきか』と題した第十三回交詢社オープンフォーラム(産経新聞社後援)を開催します。大手町サンケイプラザでのリアル会場と、オンライン配信のハイブリッド開催となります。どちらも参加は無料です。

前半は元内閣総理大臣の安倍晋三氏による基調講演。後半はフジテレビジョン報道局解説委員長の反町理氏がコーディネーターを務め、衆院議員で自由民主党安全保障調査会会長、元防衛大臣の小野寺五典氏、山猫総合研究所代表取締役の三浦瑠麗氏、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦氏が登壇するパネルディスカッションが行われます。

申し込みは、会場聴講をご希望の方は①参加者名(フリガナ)※応募1件につき1名②郵便番号、住所③年齢④電話番号を明記のうえ、下記へ。先着200名程度の方に『受講票』をお送りいたしますので、当日は必ず『受講票』をご持参ください。

1) ハガキの場合…〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-1 日幸神田ビル(株)産経広告社 フォーラム事務局係

2) FAXの場合…03-3219-2236

3) E-mailの場合…symposium@sankei-ad.co.jp

オンライン視聴をご希望の方は、「産経iD」に登録した上で、申し込みページから。後日、申し込んだ方へ視聴ページのURLをメールで送信します。詳しくはこちらから。https://id.sankei.jp/e/4261

あなたへのおすすめ

産経新聞社のイベント

注目イベントニュース

新着ニュース

ピックアップ

お知らせ

関連リンク