五輪王者橋本が予選トップ 全日本体操男子

【全日本体操個人総合選手権 男子予選】全種目を終えてガッツポーズを見せる橋本大輝=22日、東京体育館(鴨川一也撮影)
【全日本体操個人総合選手権 男子予選】全種目を終えてガッツポーズを見せる橋本大輝=22日、東京体育館(鴨川一也撮影)

体操の世界選手権(10~11月、英リバプール)などの代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は22日、東京体育館で男子予選が行われ、2連覇を狙う東京五輪王者の橋本大輝(順大)が6種目合計85・864点でトップに立った。平行棒で落下したものの床運動などで高得点を並べた。

2019年世界選手権代表の神本雄也(コナミスポーツ)が0・099点差の2位につけ、19年世界ジュニア選手権覇者の岡慎之助(徳洲会)が3位となった。

東京五輪団体総合銀メダルメンバーはミスが目立ち、北園丈琉(徳洲会)が6位、谷川航が8位、萱和磨(以上セントラルスポーツ)が11位と精彩を欠いた。

23日に女子、24日に男子の決勝を実施し、ともに予選の得点を持ち点にして争われる。

会員限定記事会員サービス詳細