英首相の「うそ」調査へ パーティー問題で下院

ジョンソン英首相(AP=共同)
ジョンソン英首相(AP=共同)

英首相官邸で新型コロナウイルス対策の規制中にパーティーが繰り返された問題で、英下院は21日、ジョンソン首相が審議中に故意に虚偽答弁を重ねた疑いがあるとして調査することを決めた。規則違反の事実を一貫して否定してきたにもかかわらず、自身も参加した集まりをめぐって罰金処分を受けたことで議会への侮辱だと野党が反発していた。

BBC放送によると、首相らが下院を故意に欺いた場合、辞任相当とみなされると政府の指針に定められている。与党保守党内からも首相の辞任を求める声が公然と上がり、調査結果次第では求心力が一段と弱まる可能性がある。

下院では同日「規則が破られたことはない」などとしたジョンソン氏の過去の答弁が、下院への侮辱に当たる可能性があるとして、下院委員会に調査を命じる動議を野党が提出。与党からも反対の声が特に上がらず、正式な投票を省略して可決された。ジョンソン氏はインドを訪問中で審議を欠席していた。

ロンドン警視庁は2020~21年に首相官邸などで行われた12件の集まりを対象に、捜査を進めている。官邸は今月12日、ジョンソン氏がこのうちの1件について罰金を科されたと発表した。同氏は「当時は違反だとは思っていなかった」と釈明している。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細