「受け身の姿勢でなく」 公明・山口氏 予算委員会開催めぐり

公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)
公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)

公明党の山口那津男代表は22日の党会合で、物価高騰に対応する緊急対策をめぐり、今国会中に令和4年度補正予算案の成立を図ることで自民党と妥結したことについて「精力的に交渉にあたり、合意に至ったことを歓迎したい」と述べた。

政府・自民は、参院選前に国会審議を行う必要などから補正予算案の編成に消極的だったが、山口氏は「国会対策が大変だから財源は最小限にとどめる、ということではない。受け身の姿勢ではなく、国民を守り、国を守る政治姿勢で臨むべきだ」と主張した。

会員限定記事会員サービス詳細