フォト特集

発射される露新型ICBM「サルマト」

ロシア北部プレセツク宇宙基地から発射される次世代の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供・ロイター)
ロシア北部プレセツク宇宙基地から発射される次世代の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」(ロシア国防省提供・ロイター)

ロシア国防省は20日、新型新型の重量級大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の初の本格的な飛行実験を同日行い、成功したと発表した。プーチン大統領は「ロシア軍の能力と、わが国の安全保障を高めるものだ」と評価。「攻撃的な言動でロシアを脅かす人たちに再考を迫るだろう」と述べ、ロシアの侵攻を受けウクライナへの武器支援や対ロ制裁で圧力を強める米欧をけん制した。

サルマトは多弾頭の次世代型ICBMで、米国のミサイル防衛(MD)網を突破して米本土を攻撃できるとされる。近く実戦配備され、既存のICBMを更新していくとみられる。今回の実験はロシア北西部のプレセツク宇宙基地から発射され、極東カムチャツカ半島に着弾したという。(共同)


会員限定記事会員サービス詳細