塩野義製薬の飲み薬、米国政府が購入を視野に

塩野義が開発中の新型コロナウイルス飲み薬
塩野義が開発中の新型コロナウイルス飲み薬

塩野義製薬は22日、開発を進めている新型コロナウイルスの飲み薬について、米国政府と協議に入ったことを明らかにした。バイデン米政権はコロナの治療薬の備蓄確保に取り組んでおり、実用化で先行しているメルクやファイザーとは既に供給契約を結んでいる。

塩野義の飲み薬は、厚生労働省に製造販売の条件付き早期承認申請を行っており、審査中となっている。海外での実用化も目指し、近く北米や欧州などグローバルの臨床試験(治験)を始める方針で、国外で製造や販売を担当する企業の選定を進めている。

塩野義の広報は「協議はしているが、契約が決定したなどの事実はない」としている。

会員限定記事会員サービス詳細