立花孝志氏の敗訴確定 NHK受信料支払い命令

「NHK受信料を支払わない国民を守る党」の立花孝志党首(鴨志田拓海撮影)
「NHK受信料を支払わない国民を守る党」の立花孝志党首(鴨志田拓海撮影)

「NHK受信料を支払わない国民を守る党」の立花孝志党首が参院議員だった令和元年、議員会館の自室に設置したテレビの受信料を支払わなかったとして、NHKが2カ月分計4560円の支払いを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(長嶺安政裁判長)は、立花氏の上告を受理しない決定をした。19日付。全額の支払いを命じた一、二審判決が確定した。

判決によると、立花氏は参院選当選後の令和元年8、9月分の受信料を支払わなかった。

同10月に参院埼玉選挙区補欠選挙への出馬で自動失職し、議員会館を退出した。

会員限定記事会員サービス詳細