印、自衛隊機受け入れ拒否 ウクライナ支援計画修正へ

首相官邸=東京都千代田区
首相官邸=東京都千代田区

政府は21日の自民党の政調審議会で、ウクライナ避難民支援のための自衛隊機派遣計画に関し、人道支援物資の積み込み拠点となるインドから自衛隊機の受け入れを拒否されたと明らかにした。インドとの調整不足が原因としている。計画を修正するため、22日に予定していた閣議決定は見送る方向となった。

輸送は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の要請で、アラブ首長国連邦(UAE)とインドに備蓄する毛布などを自衛隊機でウクライナの隣国のポーランドとルーマニアに運ぶ計画だった。出席者によると、インドとは事務レベルで同意を得ていたが、20日になって拒否されたという。インドはロシアから武器を調達するなど軍事面での関係が深い。

輸送は国連平和維持活動(PKO)協力法に基づく「人道的な国際救援活動」として実施する予定。政府は4月下旬にも輸送機を出発させる段取りを想定していた。

会員限定記事会員サービス詳細