北海道の新型コロナ 2日連続で3000人台

北海道庁(坂本隆浩撮影)
北海道庁(坂本隆浩撮影)

北海道では21日、新型コロナウイルスに感染していた3人が死亡し、新たに3132人の感染が確認された。3000人台は20日の3058人に続いて2日連続。内訳は札幌市1503人、旭川市221人、函館市77人、小樽市52人、道内保健所管内1279人などとなっている。

道内の保健所管内の内訳は、石狩317人▽胆振(いぶり)194人▽十勝182人▽オホーツク151人▽釧路100人▽空知96人▽後志(しりべし)53人▽上川47人▽渡島45人▽根室34人▽日高26人▽桧山17人▽宗谷7人▽留萌2人―など。

一方、20日公表分の全道の患者数は2万482人で、このうち重症は5人。病床使用率は15・9%(340床)で、内訳は札幌市19・7%(131床)、札幌市以外の全道14・2%(209床)。

宿泊療養施設の入所者は前日比9人減の301人、自宅療養者は177人減の1万8338人、施設療養者は1人増の180人、調整中1323人となっている。10万人あたりの療養者数は391・7人。

会員限定記事会員サービス詳細