大谷が今季初勝利 6回を毎回12K無失点 二塁打にバント安打など4打数2安打2打点

アストロズ戦に先発登板し、6回を無失点で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)
アストロズ戦に先発登板し、6回を無失点で今季初勝利を挙げたエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は20日、ヒューストンでのアストロズ戦に「1番・投手」で今季3度目の投打二刀流で先発出場した。投手で六回1死まで1人の走者を出さず、自己最多タイの毎回の12三振を奪う好投を見せ、今季初勝利を挙げた。打者でも左翼へ2点適時二塁打を放ち、投打で躍動した。チームは6-0で勝ち、2連勝。ア・リーグ西地区首位を守った。

一回に自身の2点タイムリー二塁打などで挙げた大量6点を背に、投手大谷は連続空振り三振でスタート。100マイル(約160キロ)近いフォーシームにスプリット、スライダーを織り交ぜ、三回無死から自己最多の6者連続三振など先発全員から自身最多タイの毎回12三振を奪った。六回1死で8番カストロに中前安打を打たれるまで走者を1人も出さなかった。この回で降板し、6回を81球、1安打、12三振、1四球。防御率は4.40。そのまま指名打者で残った。

アストロズ戦の6回、投前にバント安打を決めるエンゼルス・大谷。投手ハビエル=ヒューストン(共同)
アストロズ戦の6回、投前にバント安打を決めるエンゼルス・大谷。投手ハビエル=ヒューストン(共同)

打者では一回、最初の打席は四球で出塁。相手先発オドリジーの大乱調で先制の本塁を踏んだ。4点を挙げてなお2死満塁でこの回2度目の打席が回り、2番手左腕からレフトへあわや本塁打という2点タイムリー二塁打を放った。三回2死三塁での第3打席は三直。六回の第4打席はよもやの投前バント安打。八回の第5打席は左飛。4打数2安打2打点、1四球で打率は2割3分6厘。


奪三振ショーの圧巻の投球に、勝負強いタイムリーと技あり安打。大谷のエンジンが全開になった。

会員限定記事会員サービス詳細