転落の男、覚醒剤使用疑い 職質逃れか、4人負傷事故

神奈川県警加賀町署=横浜市中区(高橋天地撮影)
神奈川県警加賀町署=横浜市中区(高橋天地撮影)

横浜市中区で1月、職務質問を受けた男が5階建てビルから転落し、男を含む4人が重軽傷を負った事故で、神奈川県警加賀町署は21日、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで、転落した無職、吉村敏和容疑者(48)=横浜市保土ケ谷区峰沢町=を逮捕した。職務質問を逃れようとして転落したとみられる。

逮捕容疑は1月上旬ごろ、神奈川県内や周辺で覚醒剤を使ったとしている。

同署によると、1月21日夕、職務質問中に「ビルに用がある」として屋上に行き転落。騒ぎを見ようと3階から身を乗り出した女性も誤って落ち、2階の窓からのぞいた男性と、地上にいた別の男性に衝突した。

吉村容疑者は骨折の重傷を負った。転落後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出ており「間違いない」と容疑を認めているという。

会員限定記事会員サービス詳細